初めての人が脱毛サロンに通う最適な頻度

脱毛について根本から解説する

>

脱毛の仕組みや方式

脱毛の仕組み

脱毛はどのような仕組みで行えているのかご存じですか?
日本人の毛にはメラニン色素という黒い色素が含まれています。脱毛サロンなどにある脱毛器はメラニン色素に反応する波長の光を照射することができます。その光を肌に当てると熱が発生し、毛根にダメージを与え、細胞を破壊で切るのです。
この光は色が濃いほど効果が高いため、太い毛は比較的早く効果が出ますが、産毛などの細い毛は効果が出にくいのです。しかし、太い毛も細くなるほど効果が出にくくなるため、完全に脱毛を行うにはそれなりの回数が必要です。医療用レーザーの場合は少ない回数で行えますが、出力が高いので肌への負担も大きいです。
ちなみに脱毛クリームで行うのは毛だけを溶かし、毛根には何も影響が出ないため、正確には除毛です。

脱毛の方式

一口に脱毛といっても様々な種類があります。
まずは脱毛サロンと医療脱毛の違いを説明します。この二つの違いとは、簡単に言えば威力の違いです。医療脱毛の方が威力が高いため、当然そちらの方が短期間で終えることができます。しかし、その分肌への負担が大きく、痛いのは苦手だという人は脱毛サロンを選んだ方がいいかもしれません。
次に光脱毛とレーザー脱毛の違いについて説明します。
光脱毛とは一般的な脱毛サロン、家庭用脱毛器で採用されている方式です。レーザー脱毛よりも威力は弱いですが、その分痛みが少ないのが特徴です。
レーザー脱毛は光脱毛の逆で、痛みが強い分短い期間で終えることができます。
短期間で終えるか、痛みをとるかは個人の判断で決めましょう。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ